彦根商工会議所では、深刻化する新型コロナウイルスの感染拡大、前例のない状況のもと、域内の中小企業者のみなさまの経営をサポートするため、国などの各種支援施策を、個々のニーズにあわせてご案内しています。日々更新されている緊急経済対策から、現段階の中小企業向け支援策を紹介します。

ポイント1: 資金繰り支援 - 融資、信用保証、その他

新型コロナウイルス感染症特別貸付

実施機関: 日本政策金融公庫

制度の特徴
融資後の3年間まで0.9%の金利引き下げを実施。据置期間(元本返済を行わなくて良い期間)は最長5年。
融資対象
新型コロナウイルス感染症の影響を受けて所定の要件を満たす範囲で経営が悪化していること。
貸付期間
設備投資20年以内、運転資金15年以内 (うち据置期間は5年以内)
融資限度額(別枠)
中小事業6億円、国民事業8,000万円
金利
当初3年間は基準金利から0.9%マイナス(中小事業3億円、国民事業6,000万円を限度)、4年目以降は基準金利に戻る。利下げ限度額は6,000万円であり、それを超えた分は利下げ対象外

詳しくはこちら

実施機関: 商工組合中央金庫

融資限度額
6億円 → 日本政策金融公庫の中小事業と同額
金利
当初3年間は基準金利から0.9%マイナス、4年目以降は基準金利に戻る。(利下げ限度額は3億円であり、それを超えた分は利下げ対象外)

詳しくはこちら

新型コロナウイルス感染症対策挑戦支援資本強化特別貸付

実施機関
日本政策金融公庫
制度の特徴
名目的には融資でありながら、金融機関の資産査定で自己資本とみなされるため、「財務体質強化」を図ることができるほか、資本性がありながらも株式ではないため、既存株主の持ち株比率を低下させないという特徴がある。
融資限度額
7200万円
返済期間
5年1カ月、7年、10年、15年、20年のいずれか
利率(年)
毎年の業績に応じた利率
担保・保証人
無担保・無保証人

詳しくはこちら

マル経融資の金利引き下げ(通称:コロナ マル経)

実施機関
日本政策金融公庫
制度の特徴
商工会議所等の経営指導を受けられた小規模事業者様に対して、無担保・無保証人で融資を行う制度。
融資対象
最近1ヶ月の売上高が前年又は前々年の同期と比較して5%以上減少した小規模事業者
資金の使いみち
運転資金、設備資金
担保等
無担保・無保証
融資限度額(別枠)
1,000万円
申請期限
令和3年12月31日
金利
当初3年間は経営改善利率から0.9%マイナス、4年目以降は経営改善利率に戻る

詳しくはこちら

特別利子補給制度 - 新型コロナウイルス感染症特別貸付・マル経融資(公庫)、危機対応融資(商工中金)が対象

実施機関
日本政策金融公庫、商工組合中央金庫
制度の特徴
新型コロナウイルス感染症特別貸付・マル経融資(公庫)、危機対応融資(商工中金)により借入を行った中小企業者等のうち、売上高が急減した事業者などに対して、利子補給を実施。公庫等の既往債務の借換も実質無利化の対象に。
融資要件
新型コロナウイルス感染症特別貸付・マル経融資(公庫)、危機対応融資(商工中金)により借入を行った中小企業者等のうち、以下の要件を満たすもの 1. 個人事業主(事業性のあるフリーランスや小規模):要件なし 2. 小規模事業者(法人事業者) :売上高▲15%減少 3. 中小企業者(上記1,2を除く事業者):売上高▲20%減少
資金の使いみち
運転資金、設備資金、借換資金
担保等:無担保・無保証
融資限度額
小規模事業者6,000万円、中小企業3億円
※利子補給上限額は新規融資と公庫等の既往債務借換との合計金額
利子補給
借入後当初3年間、実質金利0%になるように補助(上限6,000万円)、4年目以降は各メニューの利率に戻る
お問合せ先
新型コロナウイルス感染症特別利子補給制度事務局 TEL 0570-060515(平日・土日祝日 9時~17時)

詳しくはこちら

セーフティネット資金(コロナ新規枠・コロナ借換枠)・短期事業資金(コロナ枠)

滋賀県では、新型コロナウイルス感染症の発生により、経営に影響を受けている中小企業者の方にご利用いただける融資制度を用意しています。
(滋賀県制度融資「新型コロナウイルス感染症対応資金」は令和2年度で終了しました。)

国や県が交付する新型コロナウイルス感染症関連の補助金および協力金等が、事業者の皆様に交付されるまでの短期間に資金が必要となる場合は、「短期事業資金(コロナ枠)」の活用を御検討ください。
本資金の借入にかかる保証料の負担は不要です(保証料を県が全額負担します)。
※本資金の申込先は各取扱金融機関です。

  • 借入希望額が4,000万円以内で伴走支援型特別保証を受けることが出来る場合は、「セーフティネット資金(コロナ新規枠・コロナ借換枠)」の活用をご検討ください。
    セーフティネット保証4号・5号、危機関連保証の適用を受けた中小企業者等(個人事業主、小・中規模事業者)が一定の要件を満たす場合、国から保証料補助を受けることで実質的に保証料率を年0.2%にします。※本資金の申込先は各取扱金融機関です。
  • 借入希望額が4,000万円を超える場合や、伴走支援型特別保証が受けられない方は下記のセーフティネット資金等をご検討ください。
    • 最近1か月間の売上高等が前年同月比で15%以上減少している場合、
       →【セーフティネット資金(6項)】
    • 国が指定する業種に属し、最近1か月間の売上高等が前年同月比で5%以上減少している場合、
       →【セーフティネット資金(5号)】
    • 最近1か月間の売上高等が前年同月比で20%以上減少している場合、
       →【セーフティネット資金(4号)】
    • セーフティネット資金がご利用できない場合、
       →【緊急経済対策資金】

詳しくはこちら

ポイント2: 経営環境の整備 - 雇用関連、下請取引、テレワーク、海外関連

新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金について

制度概要
令和3年8月1日から同年12月31日までの間に、以下の子どもの世話を保護者として行うことが必要となった労働者に対し、有給(賃金全額支給)の休暇(労働基準法上の年次有給休暇を除く)を取得させた事業主を支援します。
  1. 新型コロナウイルス感染症に関する対応として、ガイドラインなどに基づき、臨時休業などをした小学校など(保育所等を含みます)に通う子ども
  2. 新型コロナウイルスに感染した子どもなど、小学校などを休む必要がある子ども
申請期限
令和3年8月1日~同年10月31日までの休暇:令和3年12月27日(必着)
令和3年11月1日~同年12月31日までの休暇:令和4年2月28日(必着)
お問い合わせ先
雇用調整助成金、産業雇用安定助成金、小学校休業等対応助成金・支援金コールセンター
TEL. 0120-60-3999 受付時間 9時~21時(土日・祝日含む)

詳しくはこちら

業務改善助成金

中小企業・小規模事業者の生産性向上のための取組を支援します。

  • 令和3年度の申請締切は、令和4年1月31日です。
  • 本助成金は予算の範囲内で交付するため、申請期間内に募集を終了する場合があります。

詳しくはこちら

プロフェッショナル人材確保助成金・プロフェッショナル人材確保副業・兼業人材活用促進事業補助金

感染症にも経済危機にも強い、強靭かつ自律的な地域の社会経済の構築に向けて、プロフェッショナル人材を確保し、個々の企業の成長および地域経済の活性化を図るために、マッチングで必要となる紹介手数料および副業・兼業の委託契約等に要する経費を支援します。

補助対象者
滋賀県プロフェッショナル人材戦略拠点への相談を通じて、プロフェッショナル人材を雇用するまたは副業・兼業プロフェッショナル人材に業務を委託する県内に事務所・事業所を有する中小企業者または中小企業者と同規模の医療法人もしくは社会福祉法人。
交付申請期間
令和3年7月16日(金)から、令和4年2月14日(月)(先着順)
受付時間は9時から17時までとし、土・日曜日および祝日は除く
※対象となるプロ人材の事業期間が令和3年7月16日~令和4年2月28日までのものに限ります(ただし、プロ人材の雇用開始15日前までに申請いただく必要があります)。
※上記期間内であっても予算の上限に達した時点で募集を停止します。
お問い合わせ
商工観光労働部 商工政策課 振興・海外展開支援係
TEL:077-528-3713 メール:fa0002@pref.shiga.lg.jp

詳しくはこちら

人材確保等支援助成金(テレワークコース)

良質なテレワークを新規導入し、実施することにより、労働者の人材確保や雇用管理改善等の観点から効果をあげる中小企業事業主を支援するものです。

お問い合わせ先
滋賀労働局 雇用環境・均等室
TEL. 077-523-1190

詳しくはこちら 

雇用調整助成金の特例措置

【お知らせ】特例措置は来年3月まで延長となります。なお、現在の助成内容は令和3年12月末まで継続となる予定です。

新型コロナウイルス感染症を含む経済上の理由により、事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が、労働者に対して一時的に休業、教育訓練または出向を行い、労働者の雇用維持を図った場合に、休業手当等の一部を助成する制度。今回の特例措置では、通常の雇用調整助成金以上に要件が緩和。新型コロナウイルス感染症の影響を受ける事業主は、広く特例措置の対象となる。

緊急対応期間
2020年4月1日〜2021年11月30日
助成内容
大企業 2/3、中小企業 4/5
※休業要請に係る特例措置あり
※解雇をしていないなどの上乗せの要件を満たす場合の補助率特例措置あり
補助上限あり(1人1日あたり15,000円上限、教育訓練実施等の特例あり)
申請支援問い合わせ
滋賀働き方改革推進支援センター(TEL.0120-100-227)※訪問可
ご相談・お問い合わせ
ハローワーク彦根(TEL.0749-22-2500)、またはコールセンター(TEL.0120-60-3999)

詳しくはこちら

令和3年度滋賀県離職者早期再就職支援事業助成金

【お知らせ】10月1日から3次募集が開始されました。1、2次募集から助成金額、様式が変更・追加されていますのでご注意下さい。

概要
新型コロナウイルス感染症の影響により離職した者等の早期再就職を支援するため、県内正規雇用労働者として雇い入れる中小企業者等に対して、助成金を交付します。
助成金額
新たに雇用した労働者(県内正規雇用労働者)1人につき60万円
(3次募集/雇用に要する経費と60万円を比較して低廉な額を助成します。)
(交付申請額が60万円未満の場合は、交付申請額が助成額の上限となります。)
※交付の対象となる県内正規雇用労働者の人数は、1対象事業主につき令和3年度中で5人を限度とします。
《今回の募集》
2次募集:雇用日が令和3年7月1日から同年9月30日までのものが対象となります。
3次募集:雇用日が令和3年10月1日から同年11月30日までのものが対象となります。
(雇用日から起算して30日以内に交付申請書を提出してください。※必着)
交付申請の提出期間
(募集期間)
雇用を開始した日から起算して30日以内に申請してください。(必着)
お問い合わせ
商工観光労働部 労働雇用政策課
TEL. 077-528-3767 メールアドレス fe0004@pref.shiga.lg.jp

詳しくはこちら

新型コロナ支援策や働き方改革を無料相談でサポートします!

新型コロナ支援策の雇用調整助成金の内容や申請書の書き方を始め、就業規則の見直し、同一労働同一賃金、テレワーク、フレックス勤務など新制度の導入などを専門家(社会保険労務士等)が無料でサポートします。是非お問い合わせください。

お問い合わせ
滋賀働き方改革推進支援センター
TEL. 0120-100-227(土日祝日を除く9:00~17:00)

詳しくはこちら

新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金

【お知らせ】新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金の対象となる休業期間及び申請期限を延長します。

新型コロナウイルス感染症及びそのまん延防止の措置の影響により休業させられた中小企業の労働者の内、休業中に賃金(休業手当)を受けることが出来なかった方に対して、当該労働者の申請により、新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金を支給するもの。

対象期間・対象者
新型コロナウイルス感染症及びまん延のための措置の影響により、
(1)新型コロナウイルス感染症の影響を受けた事業主が休業させ、その休業に対する賃金(休業手当)を受け取っていない中小企業の方
(2)大企業に雇用されるシフト制労働者等(※)であって、新型コロナウイルス感染症の影響を受けた事業主が休業させ、その休業に対する賃金(休業手当)を受け取っていない方
※労働契約上、労働日が明確でない方(シフト制、日々雇用、登録型派遣)
申請方法
郵送、オンライン(労働者本人からの申請の他、事業主を通じて申請することも可能。)
ご相談・お問い合わせ
新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金コールセンター(TEL. 0120-221-276 受付時間 月~金 8:30~20:00 / 土日祝 8:30~17:15)

詳しくはこちら

産業雇用安定助成金

新型コロナウイルス感染症の影響により事業活動の一時的な縮小を余儀なくされた事業主が、在籍型出向により労働者の雇用を維持する場合に、出向元と出向先の双方の事業主に対して助成する「産業雇用安定助成金」を創設。

対象期間
出向元事業主が、雇用する雇用保険被保険者に対して1か月以上2年以内の期間で実施した出向について支給対象となります。
対象事業主
  1. 新型コロナウイルス感染症の影響により事業活動の一時的な縮小を余儀なくされたため、労働者の雇用維持を目的として出向により労働者(雇用保険被保険者)を送り出す事業主(出向元事業主)
  2. 当該労働者を受け入れる事業主(出向先事業主)
対象の出向
雇用調整を目的とする出向(新型コロナウイルス感染症の影響により事業活動の一時的な縮小を余儀なくされた事業主が、雇用の維持を図ることを目的に行う出向)が対象。雇用維持を図るための助成のため、出向期間終了後は元の事業所に戻って働くことが前提。
助成率・助成額
出向運営経費
出向元事業主および出向先事業主が負担する賃金、教育訓練および労務管理に関する調整経費など、出向中に要する経費の一部を助成します。
・出向元が労働者の解雇などを行っていない場合
上限額(出向元・先の計)12,000円/日、補助率【中小企業】9/10、【中小企業以外】3/4
・出向元が労働者の解雇などを行っている場合
上限額(出向元・先の計)12,000円/日、補助率【中小企業】4/5、【中小企業以外】2/3

出向初期経費
助成額 各10万円/1人当たり(定額)
加算額 各5万円/1人当たり(定額)※
※出向元事業主が雇用過剰業種の企業や生産性指標要件が一定程度悪化した企業である場合、出向先事業主が労働者を異業種から受け入れる場合について、助成額を加算。

ご相談・お問い合わせ
下記のコールセンターもしくはハローワーク彦根(TEL.0749-22-2500)までお問い合わせください。

雇用調整助成金、産業雇用安定助成金コールセンター
TEL.0120-60-3999 受付時間 9:00~21:00 土日・祝日含む

詳しくはこちら

ポイント3: 設備投資・販路開拓・事業再構築支援 … 補助金・給付金等

滋賀県営業時間短縮要請に係る協力金の支給について

【お知らせ】まん延防止等重点措置(第1期)期間分の申請受付期間が10月22日までとなっております。

緊急事態宣言の発出に伴い、それぞれの要請期間に分けて、申請を受け付けます。

申請受付期間
まん延防止等重点措置(第1期)(8月8日から8月26日):9月1日から10月22日まで ※郵送申請のみの受付となります
緊急事態措置(第3期)期間分(9月13日から9月30日):10月1日から10月31日まで

お問い合わせ先

  • まん延防止等重点措置、緊急事態宣言および時短要請等に関すること
    滋賀県新型コロナ対策相談コールセンター
    TEL. 077-528-1344(開設時間:平日9時~17時)
  • 協力金の申請手続きに関すること
    滋賀県時短協力金コールセンター
    TEL. 0570-666-323(開設時間:平日9時~17時)

詳しくはこちら

滋賀県新型コロナウイルス感染症対応商店街支援事業費補助金

新型コロナウイルス感染拡大に対応し商店街の集客力の維持・向上を推進するため、商店街が実施する新型コロナウイルス感染防止にかかる取組およびその取組の周知や広報に関する活動等を支援します。

申請書受付期間
令和3年7月26日(月)〜令和3年11月30日(火)(当日消印有効)
補助対象者
滋賀県内の商店街
  1. 令和元年度に滋賀県商工観光労働部中小企業支援課が実施した「令和元年度滋賀県商店街実態調査」において調査対象とした商店街を対象とします。
  2. 上記1のほか、滋賀県内に本店または主たる事務所を有する商店街振興組合、事業協同組合または任意商店街で、小売業、サービス業を営むものの店舗等(おおむね10店舗以上)が一定の街区を形成し、これらの店舗が中心となった何らかの組織を有し、共同事業等の事業活動を行っているものを対象とします。ただし、共同店舗やショッピングセンター内で集団形態をとっているものは対象外とします。
補助率・補助限度額
補助率:補助対象経費の10分の9以内
補助限度額:1商店街あたり20万円。下限5万円
お問い合わせ
滋賀県商工観光労働部中小企業支援課
TEL. 077-528-3731
fb00@pref.shiga.lg.jp

詳しくはこちら

酒類販売事業者に対する支援金

【お知らせ】10月15日(金)より9月分の申請が開始されました。

まん延防止等重点措置の適用による酒類の提供停止を伴う営業時間短縮要請に応じた飲食店との取引がある酒類販売事業者を支援するため、国の月次支援金に上乗せして支援金を支給します。
「事業継続支援金」との併給→〇可
「協力金」との併用→×不可

申請期間
令和3年8月分:令和3年10月 1日(金)~11月30日(火)
令和3年9月分:令和3年10月15日(金)~12月31日(金)
お問い合わせ
滋賀県酒類販売事業者支援金コールセンター
TEL. 0570-005-530(開設時間:平日のみ9時~17時)

詳しくはこちら

中小法人・個人事業者のための月次支援金

【お知らせ】10月分まで、月次支援金による支援を継続する予定です。

令和3年4月以降に実施された緊急事態措置又はまん延防止等重点措置に伴う「飲食店の休業・時短営業」や「外出自粛」の影響により、売上が50%以上減少した中小企業・個人事業者等の皆様を支援します。

給付額
中小法人等  上限20万円 / 月
個人事業主等 上限10万円 / 月
を月単位で支給します。
令和元年又は令和2年の基準月の売上 - 令和3年の対象月*1の売上
*1 対象措置が実施された月のうち、対象措置の影響を受けて、令和元年又は令和2年の同月比で、売上が50% 以上減少した令和3年の月
給付対象
下記①と②を満たす事業者は、業種や所在地を問わず給付対象となり得ます。 ① 対象月の緊急事態措置又はまん延防止等重点措置に伴う飲食店の休業・時短営業又は外出自粛等の影響を受けていること*2
② 令和3年の月間売上が、令和元年又は令和2年の同月比で50%以上減少していること
*2 2021年の4月以降に実施される緊急事態措置又はまん延防止等重点措置に伴い、同措置が実施される地域において、休業又は時短営業の要請を受けて、休業又は 時短営業を実施している飲食店と直接・間接の取引があること、又は、同措置が実施される地域における不要不急の外出・移動の自粛による直接的な影響を受けていること。
申請受付期間
8月分:2021年9月1日(水)~10月31日(日)
9月分:2021年10月1日(金)~11月30日(火)
相談窓口
TEL. 0120-211-240
IP電話等からのお問い合わせ先:03-6629-0476(通話料がかかります)
受付時間 8:30~19:00(土日、祝日含む全日対応)

詳しくはこちら

滋賀県事業継続支援金

長引く新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受ける事業者のみなさまの事業継続を支援するため、売上が50%以上または対象月の売上が30%以上減少した県内中小企業等に対し、支援金を給付します。

支給額
中小企業等:20万円
個人事業主:10万円

第2期(7月・8月が対象。支給対象を一部拡充します)

事業者につき1回の申請まで(第2期)。ただし、滋賀県事業継続支援金(第1期)との併給は可。

支給対象
新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受ける県内中小企業等・個人事業主のみなさまのうち、下記の要件のいずれかにあてはまる方。(※ただし2021年6月までに開業していること。)
  1. 国の「月次支援金」を2021年の7月または8月のいずれかの月で受給した方
  2. 2021年7月または8月のいずれかの月の売上が2020年または2019年の同月に比べて50%以上減少した方
  3. 2021年7月と8月の売上の合計が2020年または2019年の7月と8月の売上の合計と比べて30%以上減少した方
申請期間
令和3年9月29日(水)~10月29日(金)(第2期分)
申請方法
オンライン申請・郵送申請

第3期(9月・10月が対象)

1事業者につき1回の申請まで(第3期)。ただし、滋賀県事業継続支援金(第1期)および滋賀県事業継続支援金(第2期)との併給は可。

支給対象者
新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受ける県内中小企業等・個人事業主のみなさまのうち、下記のいずれかにあてはまる方。(※ただし2021年8月までに開業していること。)
  1. 2021年9月または10月のいずれかの月の売上が2020年または2019年の同月に比べて50%以上減少した方
  2. 2021年9月と10月の売上の合計が2020年または2019年の9月と10月の売上の合計と比べて30%以上減少した方
申請期間
令和3年11月上旬予定
申請方法
オンライン申請・郵送申請

お問い合わせ

滋賀県事業継続支援金コールセンター 0570-200-575
受付時間 平日 9:00~17:00 ※土日祝休業
E-mail shiga-keizokushien001@bsec.jp
コールセンターは審査機関ではありません。申請いただいた内容は事務局にて審査させていただきます。

詳細はこちら

中小企業等事業再構築促進事業

【お知らせ】第4回公募の開始は、下記ウェブサイトにてお知らせいたします。

新型コロナウイルス感染症の影響が長期化し、当面の需要や売り上げの回復が期待しづらい中、ポストコロナ・ウィズコロナ時代の経済社会の変化に対応するために中小企業等の事業再構築を支援することで、日本経済の構造転換を促すことが重要です。そのため、新分野展開、事業転換、業種転換、業態転換、又は事業再編という思い切った事業再構築に意欲を有する中小企業等の挑戦を支援します。

詳細はこちら

小規模事業者持続化補助金 通常枠

【お知らせ】7回公募受付に向けて公募要領の改訂作業中です。現在掲載中の公募要領や申請様式から変更されますので、必ず改訂版の様式で申請してください。準備が出来次第HPに公表されますので、しばらくお待ちください(10月中旬掲載予定)。

小規模事業者等が、地域の商工会議所または商工会の助言等を受けて経営計画を作成し、その計画に沿って地道な販路開拓等に取り組む費用の2/3を補助。

申請期間
第7回受付締切 令和4年2月4日(金)[郵送:締切日当日消印有効]
※第8回受付締切以降(令和4年度以降)については、今後改めてご案内します。
補助率
補助対象経費の3分の2以内
補助上限額
50万円(創業事業者の特例は上限+50万円)
お問い合わせ
彦根商工会議所中小企業相談所(TEL.0749-22-4551)

詳細はこちら

小規模事業者持続化補助金 <低感染リスク型ビジネス枠>

小規模事業者が経営計画及び補助事業計画を作成して取り組む、感染拡大防止のための対人接触機会の減少と事業継続を両立させるポストコロナを踏まえた新たなビジネスやサービス、生産プロセスの導入等に関する取組を支援するものです。

対象
小規模事業者
補助額・補助率
  • 補助上限:100万円
  • 補助率:3/4
  • 感染防止対策費については、補助金総額の1/4(最大25万円)を上限に補助対象経費に計上することが可能。
    (緊急事態宣言の再発令による特別措置を適用する事業者は政策加点の他、補助金額総額の1/2(最大50万円)に上限を引上げ)。
  • 新型インフルエンザ等対策特別措置法(平成24年法律第31号)第32条第1項に基づき2021年1月以降に発令された新型インフルエンザ等緊急事態措置(以下「緊急事態措置」という。)に伴う飲食店の休業・時短営業 又は不要不急の外出・移動の自粛により、特に大きな影響を受けたことから、その影響の原因となった緊急事態措置が実施された月のうち、いずれかの月の月間事業収入が令和元年又は令和2年の同月と比較して30%以上減少した事業者
    ※2021年1月8日以降に発生し発注・契約・納品・支払い・使用が行われた経費について遡及適用が可能です。
公募スケジュール
第4回受付締切:令和3年11月10日(水)
第5回受付締切:令和3年1月12日(水)
第6回受付締切:令和3年3月9日(水)
申請方法
申請は、電子申請システム(jGrants)でのみ受け付けます。
お問い合わせ
持続化補助金低感染リスク型コールセンター
TEL.03-6731-9325(受付時間:9:30~17:30、土日祝日除く)

詳細はこちら

ものづくり補助金

新製品・サービス開発や生産プロセス改善等のための設備投資等を支援。

対象
中小企業・小規模事業者 等
補助額
上限1,000万円
補助率
低感染リスク型ビジネス枠 2/3
※低感染リスク型ビジネス枠のうちテレワーク対応類型は30万円~150万円
公募スケジュール
(8次締切分)
申請日時 令和3年8月17日(火) 17時~令和3年11月11日(木)17時

詳細はこちら

IT導入補助金

ITツール導入による業務効率化やテレワーク導入等を支援。

対象
中小企業・小規模事業者 等
補助額
30~450万円
補助率
通常枠 1/2、低感染リスク型ビジネス枠 2/3
※低感染リスク型ビジネス枠のうちテレワーク対応類型は30万円~150万円
公募スケジュール
4次締切分:11月17日(水)17:00

詳細はこちら